興福寺ノート

興福寺には天災、人災をはじめ多くの困難を負いながらも、仏像や堂塔が失われることを身を挺して守ろうとした寺としての長い歴史がある。
それは今なお残る数々の名宝がそのことを物語る。
奇跡的としか言いようがない。
金子啓明(興福寺国宝館館長、東京国立博物館特任研究員)


歴史
藤原鎌足夫人の鏡女王が夫の病気平癒を願い、鎌足発願の釈迦三尊像を本尊として、天智天皇8年(669)山背国山階(現京都府京都市山科区)に創建した山階寺(やましなでら)が当寺の起源である。壬申の乱のあった天武天皇元年(672)、山階寺は藤原京に移り、地名の高市郡厩坂をとって厩坂寺(うまやさかでら)と称した。
和銅3年(710)の平城遷都に際し、鎌足の子不比等は厩坂寺を平城京左京の現在地に移転し「興福寺」と名付けた。この710年が実質的な興福寺の創建年といえる。中金堂の建築は平城遷都後まもなく開始されたものと見られる。
その後も、天皇や皇后、また藤原家によって堂塔が建てられ整備が進められた。不比等が没した養老4年(720)には「造興福寺仏殿司」という役所が設けられ、藤原氏の私寺である興福寺の造営は国家の手で進められるようになった。

略年表
大化元(645) この頃、鎌足が釈迦三尊像を造立
天智8(669)鎌足の妻、鏡大王が山階陶原(やましなすえはら)に山階寺を造営し、鎌足の釈迦三尊像を安置
天武元(672) 飛鳥浄御原宮遷都。
この頃、山階寺を大和国高市郡厩坂(うまやさか)に移し、厩坂寺と称す
天武14(685)山田寺講堂の薬師三尊像造立―銅造仏頭
和銅3(710)平城遷都。藤原不比等、厩坂寺を平城京左京3条7坊に移し、興福寺と号す
和銅7(714)3月 金堂供養
養老4(720)10月17日 「造興福寺仏殿司」を初めて置く
養老5(721)8月3日 元明・元正天皇、北円堂建立。同日 橘三千代、金堂に弥勒浄土像を造る
神亀3(726)7月 聖武天皇、東金堂を建立
神亀4(727)12月 興福寺観禅院梵鐘鋳造
天平2(730) 光明皇后、五重塔建立
天平6(734) 1月11日 光明皇后、西金堂を建立。十大弟子・八部衆像等造立
天平18(746)1月 講堂本尊不空羂索観音像造立
天平宝字5(761)2月 東院西堂建立
天平宝字8(764)9月11日 東院東堂建立
弘仁4(813) 藤原冬嗣、南円堂建立



慶応4(1868)3月 神仏分離令発令
明治3(1870) 12月 寺社上知令が発せられ、堂塔以外のすべての寺地を没収される
明治7(1874) 食堂・細殿取り壊される
明治13(1880)2月14日 興福寺旧境内を奈良公園とする
明治14(1881) 2月9日 興福寺再興を許可される



平成9(1997)「興福寺境内整備構想」を発表
平成10(1998)10月1日 境内整備事業開始
12月2日 「古都奈良の文化財」としてユネスコ世界文化遺産に登録される。
平成22(2010)興福寺創建1300年、中金堂立柱。

秋風や 囲いもなしに 興福寺 正岡子規

北円堂
現存する最古の興福寺建造物。
養老5年(721)、興福寺創建者の藤原不比等一周忌追善の為、元明上皇と元正天皇が長屋王に命じて建立。伽藍の中では西隅であるが、平城京を一望に見渡せる一等地で、平城京遷都主導者であった不比等の霊を祀る最良の場所。
治承4年(1180)の被災後、承元4年(1210)頃に再建され、堂内は天井に天蓋が輝き、本尊弥勒如来像、法苑林(ほうおうりん)・大妙相(だいみょうそう)菩薩像、無著・世親菩薩像、四天王像が安置される。

西金堂跡
藤原不比等夫人の橘三千代が前年の1月11日に亡くなった一周忌に、娘の光明皇后が母の追善のために発願建立したもの。
規模は、現存する東金堂とほぼ同じで正面7間(約26m)、側面4間(約14m)、寄棟造りであったと想定される。
堂内には本尊釈迦如来像、薬王・薬上菩薩像、梵天・帝釈天像、十大弟子像、八部衆像、金剛力士像、四天王像などが安置されていた。

母の橘三千代は阿弥陀信仰者であり、娘光明も母の教えを忠実に尊ぶ阿弥陀信仰者であったが、光明が母のために作ったのは阿弥陀浄土ではなく、釈迦の霊鷲山説法の場面であった。釈迦としたのは、遣唐留学生から帰国した道慈が異国からもたらした最新の『金光明最勝王経』を尊重したからである。
光明という名前もこの経典に釈迦が前世に女人であったとして登場する福宝光明に由来すると考えられる。
『金光明最勝王経』の思想では懺悔が重要である。それは巻第二「夢見金鼓懺悔品(むけんこんくさんげぼん)」(夢に金鼓をみて懺悔する品)に詳細に説かれている。
「興福寺曼荼羅」には西金堂の下辺に金剛力士の間の空間に、やや不鮮明ながら金鼓それを打つ婆羅門が描かれている。(現存する華原馨)この場面こそ「夢見金鼓懺悔品」を形として表現したものだ。その内容とは次のようなものである。
「昔、妙幢菩薩が釈迦の素晴らしい教えを聞いて感激しその夜夢を見る。その中に大きな金鼓が現れる。金鼓は照り輝くように光を発している。そこからは仏たちが生まれてあふれ出てくる。仏たちはそこで法を説いている。夢の中に一人の婆羅門が現れて、撥を持って金鼓を打つと非常に大きな響きが発生した。その響きは微妙で心地よく我々を悟りに導いてくれるようである。その響きの素晴らしさは我々の心に懺悔を説く教えのように聞こえる。翌朝、妙幢菩薩は鷲峰山(霊鷲山)にいる釈迦の所に行きこのことを伝えた。」というものである。
西金堂諸仏のもとになったのは、この「夢見金鼓懺悔品」である。そこに説かれるのは釈迦への帰依と夢の物語として語られた懺悔である。懺悔とは自分が作った罪や業として受けた罪を内省し、心身を清めることである。夢に現れた金鼓はその素晴らしい音色によって罪と業を一気に消し去る効力を持っている。そして経の随所に『金光明最勝王経』を読むことでも、罪と業が消えると説かれている。
西金堂造営の目的は光明皇后による母の冥福祈願にある。光明皇后がそのために釈迦浄土像を作ったのは、最新の『金光明最勝王経』に感動したからだ。そして、自らも深く懺悔して釈迦に帰依し心身を清める事で亡き母の魂が極楽浄土に生まれることを祈願したのであろう。
(中略)
阿修羅は特定の者に視線を向けていない。八部衆の中で阿修羅だけが鎧を着ていない。阿修羅の目的は敵を威嚇し退散される事ではない。憂いを含んだ眼差しはもっぱら自分に向けられている。ここでは阿修羅自身が懺悔の手本を見る者に示している。それは無益な争いを繰り返した罪深い業を懺悔しているようだ。「夢見金鼓懺悔品」に出る婆羅門の打つ金鼓は響きを放って心を清め鎮める。その響きと対比させながら阿修羅は静かに自分を見つめ懺悔を繰り返す。その心の微妙な動きが厳粛で敬虔な表情を生んだのであろう。深く繊細なしんりがこれほどまでに見事に表現された例はかつてなかった。他の八部衆の少年たちも同様である。少年のすがすがしさは仏性を持っている。西金堂の八部衆の少年は霊鷲山の釈迦のそばにいて、静かに自分をみつめている。 金子啓明 興福寺国宝館館長

金光明最勝王経

釈迦霊鷲山説法図


『山階流記』(やましなるき)によれば、光明皇后は西金堂の本尊を阿弥陀像にするつもりだったという。そうであれば、阿修羅像は造られることはなかった。しかし、インドから来た仏師に反対される。仏師は釈迦像を造るべきだと言った。お釈迦さまのお母さん(摩耶夫人)はお釈迦さまを産んで7日後に亡くなった。難産だったのである。若いお母さんは、産まれたばかりの赤ちゃんに思いを残しつつ、この世を去った。そして何十年かが過ぎ、悟りを開いたお釈迦さまは、お母さんに会うために天の世界へ赴く。
天にたどり着くと、同行した文殊菩薩が摩耶夫人のところへ行き、あのときの赤ちゃんが今はブッダ(目覚めた人/悟りを開いた人)になって、あなたに会いに来ましたと告げる。うれしさのあまり、摩耶夫人の乳房からおっぱいがあふれ出す。数十年前にお釈迦さまがわずかに口にしたかもしれないおっぱいが、うれしくてあふれ出す。しかし、あの赤ちゃんがそんなエライ人になっているとは信じ切れない摩耶夫人が、「もしもそれが本当なら、このおっぱいよ、口に入れ」と念じて乳房をしぼると、おっぱいはぴゅーっと遠くまで飛んでお釈迦さまの口に入った。摩耶夫人、歓喜すること限りなし。お釈迦さま、歓喜すること限りなし。経典にはそう書いてある。それから摩耶夫人はお釈迦さまのもとへ行き、説法を聞いて、すべての苦しみすべての悲しみが消え去った。お釈迦さまはお母さんの恩に報いたのである。だから、亡き母を追慕して建てる西金堂の本尊は、お釈迦さまでなければならない。
 こうして本尊はお釈迦さまになった。ただしこれはあくまで伝承で、歴史的事実とは異なる。しかしいずれにせよ、お釈迦さまの周囲に並んだ八部衆の顔は子どものようだ。阿修羅も迦楼羅〔かるら〕も五部浄も、みんな子ども。十大弟子も、老けたお顔の老僧さえも含めて、なんだか子どものようにみえてならない。西金堂が母を想うお堂だからだろうか。
 光明皇后はお母さんから大きな影響を受けた。三千代は仏教を深く信仰していた。邸宅には仏堂が建てられ、多数の経典が置かれていた。母の死後、信仰とともに、それらも光明皇后が受け継いだ。
光明皇后が万感の思いを込めた西金堂の仏像とは心静かに向き合いたい。阿修羅を前にして、母を亡くした光明皇后の悲しみに思いを馳せよう。産んだばかりのわが子を残してこの世を去らなければならなかった女性の悲しみに思いを馳せよう。阿修羅と会う時には、八部衆に会う時には、寄り添うことが必要である。
 西山厚先生のエッセイより


中金堂建設現場
丈六釈迦如来像を中心に、薬王(やくおう)・薬上菩薩(やくじょうぼさつ)像と2体の11面観音菩薩像の4体を脇侍(わきじ)に従え、四天王像、さらに養老5年(721)に橘三千代が夫不比等の1周忌に造立した弥勒浄土像も安置されていた。
 6回の焼失・再建の後享保2年(1717)に焼失し、約100年後の文政2年(1819)に仮堂として再建され

中金堂は平安時代以降、7回もの焼失、再建を繰り返す。

創建 和銅3年(710) 被災 永承元年(1046)12月24日
再建 永承3年(1048)3月2日 被災 康平3年(1060)5月4日
再建 治暦3年(1067)2月25日 被災 嘉保3年(1096)9月25日
再建 康和5年(1103)7月25日 被災 治承4年(1180)12月28日
再建 建久5年(1194)9月22日 被災 建治3年(1277)7月26日
再建 正安2年(1300)12月5日 被災 嘉暦2年(1327)3月12日
再建 応永6年(1399)3月11日 被災 享保2年(1717)1月4日
仮再建 文政2年(1819)9月25日 解体 平成12年(2000)7月31日


創建当初の中金堂規模は東西36.6m、南北23m、最高高21.2m、寄せ棟造、二重屋根、裳階付きで桁行(東西)9間、梁行(南北)6間の建物。

キャッチフレーズは「天平への回帰!」
藤原不比等が天平の仏教文化を切り開き常に寺の中心として機能した中金堂を復元することは、寺院としての中核を再構築する事に他ならない。
いつの時代も興福寺にとって天平は古典である。
中金堂復元の目的は、寺の中枢であるこの堂を復興する事で、宗教的・精神的支柱を復活させたいからである。そして、聖域としての伽藍全体も天平の昔日の姿に戻すことが悲願となっている。
これを果たすための再建は、平成22年(2010)に10月立柱式を終え、落慶は平成30年(2018)の予定。

南円堂
西国三十三所観音霊場第九番札所。
弘仁4年(813)に藤原冬嗣が父内麻呂の冥福を祈り建立。
創建以来4度目の建物で、寛政元年(1789)頃に再建。
堂内には本尊不空羂索観音菩薩像、四天王像が安置される。
基壇築造の際に地神を鎮めるために、和同開珎や隆平永宝をまきながら築き上げたことが発掘調査で判明。この儀式には弘法大師空海が深く係わったとが伝わる。

三重塔
北円堂とほぼ同時期の興福寺最古の建物。
康治2年(1143)に崇徳天皇の中宮が創建したが、治承4年(1180)に被災し間もなく再建。
東の須弥壇に弁才天像と十五童子像を安置し、毎年7月7日に弁才天供が行われる。

猿沢池
興福寺が行う「放生会」の放生池として天平21年(749)に、御蓋山から流れ出る率川を塞き止め造られた人工の池。
奈良時代に記録された『興福寺流記』には、「佐努作波池」あるいは「南花園四坊・在池一堤」とある。
池が作られる前は、興福寺が造営した花園があったと伝わる。
放生会とは、万物の生命をいつくしみ、捕らえられた生き物を野に放つ宗教儀式である。
猿沢池七不思議
、「澄まず濁らず、出ず入らず、蛙湧かず藻が生えず、魚七分に水三分」
猿沢池の水は、決して澄むことなくまたひどく濁ることもない。水が流入する川はなくまた流出する川もないのに、常に一定の水量を保っている。亀はたくさんいるが、なぜか蛙はいない。なぜか藻も生えない。毎年多くの魚が放たれているので増えるいっぽうであるにもかかわらず、魚であふれる様子がない。水より魚の方が多くてもおかしくないような池。

大乗院庭園
寛治元年(1087)、隆禅(藤原政兼の子)が創建する。
、平安時代から江戸時代に栄えた門跡寺院のひとつ。(藤原氏の子弟が入室し、興福寺の別当職を排出していた。)鎌倉時代の南都焼き討ちによる焼失後に現在地に移り、廃仏毀釈の影響で明治初年に廃寺となるまで存続。現在、その敷地内の一部が奈良ホテルとなっている。

治承4年(1180)の平家による南都攻撃や室町時代の徳政一揆で荒廃したが、その後、経覚や・尋尊という2人の実力のある院主が相次いで登場し、奈良一帯の座を次々と支配下に収めて大いに栄えた。だが、戦国時代に入ると次々と所領を失って江戸時代にはわずか950石にまで縮小した。

庭園は、尋尊の依頼により、銀閣寺庭園を作った作庭の名手善阿弥によって改造される。将軍足利義政を始め公家たちがしばしば拝観に訪れ、以降、明治初頭まで南都随一の名園と称えられた。善阿弥は銀閣寺の庭を造った作庭の名手と評される。
中興に尽力した尋尊は、日記『大乗院寺社雑事記』を書き著し、後年、室町期の大乗院を知るうえで大変貴重な資料となる。
その庭園も、一時は奈良ホテルのテニスコートやパターゴルフ場が設置されたが、戦後その一部が整備され1958年(昭和33年)国の名勝に指定される。
1995年からは奈良文化財研究所による発掘調査と並行して、江戸時代末期の門跡・隆温が描いた「大乗院四季真景図」をもとに財団法人日本ナショナルトラストにより復元工事が進められ、2010年の平城遷都1300年祭に伴い一般公開を開始。

菩提院大御堂
十三鐘、また稚児観音や三作石子詰の伝承で知られる。
奈良時代には、この付近一帯は仏に供える四季の花が植えられていたと伝わる。
法相宗を中国から伝えた玄僧正が住んでいたとも伝えられるが、
発掘調査の結果、このように大きな建物が建てられたのは鎌倉時代以降と判明。
現在の建物は天正8年(1580)の再建。
堂内には本尊阿弥陀如来像、不空羂索観音菩薩像、稚児観音菩薩像を安置。

大湯屋
室町時代の再建。五重塔再建と同じ時期の応永33年(1426)頃が有力。
内部に床を敷かず、地面に直接鉄の湯釜を2個据える。南の湯釜はほぼ完形で、口径1.5m、胴径1.86m、高さ1.27mで鎌倉時代、北の湯釜は口縁の部分しか残らず、口径1.44mで平安時代のもの。

本坊
興福寺の寺務所。
平安時代頃から僧侶が生活し、学問にはげんだ東室という東西に長い僧房の伝統を受け継ぐ。
表門は天正年間に建立された本瓦葺きの四脚門で、明治40年に菩提院北側築地の西方に構えられていた門を移築。北の持仏堂(大圓堂だいえんどう)は明治時代の建物で、堂内に聖観音菩薩像を安置。

五重塔
古都奈良のシンボル的な塔!!不比等の娘、光明皇后の発願による。
現在の塔は5回の被災・再建を経て、応永33年(1426)頃に再建。
高さ50.1mで国内第2位。初層の四方には、創建当初の伝統を受け継ぐ薬師三尊像、釈迦三尊像、阿弥陀三尊像、弥勒三尊像を安置。

東金堂
神亀3年(726)に聖武天皇が叔母の元正上皇の病気全快を願って建立。
創建当初は床に緑色のタイルが敷かれ、薬師如来の浄瑠璃光世界があらわされていた様子。
以来6度の被災、再建を繰り返し、今の建物は応永22年(1415)に再建。
堂内には本尊薬師如来像、日光・月光菩薩像、文殊菩薩像と維摩居士像、四天王像、十二神将像を安置。

国宝館
食堂跡に建つ鉄筋コンクリート造りの耐火式宝物収蔵庫。
昭和34年(1959)に奈良時代創建時の食堂外観を復元して建設。
地下には、旧食堂の奈良時代以降の遺構がそのままの形で保存される。
旧食堂の本尊千手観音菩薩をはじめ、阿修羅を含む八部衆、十大弟子像、華原馨、板彫十二神将、天燈鬼・龍燈鬼像、梵天像、帝釈天像、さらに飛鳥の山田寺から運ばれた7世紀の銅造仏頭などを収蔵。

仏像ブームだという。
仏像に興味のある人が増えるのはうれしい。
しかし、興味だけの人が増えるのは悲しい。
仏像を大切に思う人がふえてほしい。

すべての仏像には、
造った人たちの願いが込められている。
すべての仏像には、
造られてから今までにその前で手を合わせた人たちの祈りが込められている。
だからすべての仏像は尊く、そして美しい。
西山厚(奈良国立博物館学芸部長)

参考サイト
興福寺公式HP、Wikipedia興福寺、奈良歴史漫歩、奈良国立博物館文化財アーカイブ、奈良観光

参考文献
魅惑の仏像阿修羅(毎日新聞社)、もっと知りたい興福寺の仏たち(金子啓明著 東京美術)、日本の古寺美術興福寺(保育社)、興福寺(小学館ビジュアル新書)、古寺巡礼奈良 興福寺(淡交社)、人物業書 県犬養橘三千代(義江 明子著)・光明皇后(林睦朗著 吉川弘文館)、阿修羅を究める(興福寺監修 小学館)、奈良興福寺 あゆみ・おしえ・ほとけ(多川俊映 興福寺貫首著 小学館)、奈良秘宝秘仏の旅(朝日新聞奈良総局)、奈良の寺寺(西山厚著 フジタ刊)

「興福寺の阿修羅像が八部衆(釈迦如来の眷属)のなかでただ一人甲冑を着けていないのも、お優しいお顔をしていらっしゃるのも、激しい争いというものを経験し、その虚しさや愚かさをクリアしているからなのです。

 なぜ現代の方々が阿修羅像に惹かれるのかと言えば、社会に存在するいがみ合いや足の引っ張り合いなど、そういう戦いの場面の苦しみから解き放たれたいと思うからでしょう。人々は自分も阿修羅のようになりたい、と憧れるのではないでしょうか。」



ここが「薪能金春発祥地」で、金春座は大和猿楽四座の1つ、秦河勝を祖、秦氏安を中興とし、大和の円満井座(えまいざ、又は竹田座)から出た一座で、その末流金春流は能楽五流の中で最古の流派です。室町時代中期に出た世阿弥の女婿・金春禅竹を中興の祖とし、彼が、1437年(永享9年)世阿弥から「花鏡」を伝授され、後に流風に新生面を開き、後の家元は桃山時代に全盛を極め、能楽の主役を演じるシテ方です。

右近の橘、左近の藤が植わる西国三十三所第九番札所「南円堂」は、813年(弘仁4年)藤原冬嗣が空海の助言で、不空院の「八角円堂」を雛型として、父内麻呂の為に創建し、その後4回焼失して、今の堂は、1741年(寛保元年)の立柱

初層の内陣には弘法大師の空海が、奈良県西吉野郡天川村の大峯本宮天河大弁財天社に祀られている弁財天を勧請された「窪弁財天」が安置されていますが、通常は秘仏で、毎年7月7日七夕さんの日に10:00~、行われる「弁財天祭」で、1日だけ開扉されます。

宮本武蔵と宝蔵院流槍術の使い手奥蔵院日栄

行基さんが亡くなった749年(天平21年)頃に印度の仏跡「瀰猴(びこう、大猿のこと)池」に模して築造され、周囲約360mの小さな池。

最初の御堂は、聖武天皇の奈良時代、733年(天平5年)玄僧正の建立ですが、現在の建物は1580年(天正8年)に再建され、昭和45年大修理されました。ご本尊は重文の木造阿弥陀如来座像、脇侍が観世音菩薩立像と勢至菩薩立像(いずれも鎌倉時代)、その他に不動明王座像や、朝近(ちょうきん)上人感得の秘仏稚児観音が安置され、子供の守本尊で交通安全祈願、入学及び進学の祈願仏です。

昔、興福寺の小僧さん達が御堂で手習い(習字の稽古)をしていた時、一頭の鹿が三作の大切な草紙(習字の紙)を食べたので、三作がケサン(文鎮)を投げると、鹿の急所に命中し、鹿を殺して終いましたが、当時、「春日大社の神鹿を殺した者は、石詰の刑に処す」と云う掟があり、三作は子供とは云え、13才にちなんで、一丈三尺の縦穴を掘って、死んだ鹿を抱いて縦穴へ入れられ、石と瓦で生き埋めにされました。三作は、父が早く亡くなって、母1人子1人で暮らしていたが、その日より母「おみよ」さんは三作の霊を弔う為、明けの七つ(午前4時)、暮れの六つ(午後6時)に鐘を撞いて供養に勤めると、49日目に観音様が現れて、それが現在大御堂に秘仏として安置されている「稚児観世音菩薩像」で、境内に「三作の供養塔」が建ち、この悲話は、越前生まれの浄瑠璃・歌舞伎作者「近松門左衛門(本名杉森信盛)」、別号巣林子(そうりんし)が1700年頃(元禄年代)世話浄瑠璃「十三鐘」と題して脚本し、有名になりました。


阿修羅展
造仏所作物帳

http://www.kohfukuji.com/
http://www5.kcn.ne.jp/~book-h/mm056.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E7%A6%8F%E5%AF%BA
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/508
http://asura.kokaratu.com/home.html
http://www.kokuhoworld.com/063.html
http://yamatokoji.blog116.fc2.com/blog-entry-100.html

http://novel18.syosetu.com/n0807h/
スポンサーサイト

テーマ : 奈良の歴史
ジャンル : 地域情報

tag : 三作石子詰 橘三千代 夢見金鼓懺悔品 宝蔵院流槍術 大乗院庭園

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ホーム

奈良入門ガイド

Author:奈良入門ガイド
歴史のもっとその奥へ!!

「歴史や寺社に興味のない人も、楽しくためなるご案内!」をコンセプトに、奈良入門ガイドや入門講座をやっています。
歴史文化を、どう日本人の糧と薬に出来るか日々模索中。歴史の心を全国に広め、世界の秩序向上に貢献出来れば幸いです。
「人々の安全保障」(全生物の、生活と生存を守ること)に貢献する事を、当面の目標としています。
奈良大学卒、奈良検定最上級、京都検定初級。

歴史精神文化というツールを用い、世の安寧を目指してゆければという願いを込め、京都の「平安」と奈良の「寧楽」を合わせて「安寧会(あんねいかい)」と名付けています。

今までのウォーク・入門講座
コンセプトや僕について 
ご意見ご要望、お問合わせ 

カテゴリ
最新記事
奈良ツイート
中西進先生
ツイート
検索フォーム
BlogRanking
寧楽会 ~ねいがかい~

Facebookページも宣伝

FC2 Blog Ranking

ジオターゲティング

ユニセフ緊急募金
児童労働のない未来へ 
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
157位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示