奈良町小寺巡礼資料

阿弥陀寺
もとは、「元興寺」の一庵「龍樹庵」で、国重文の「絹本著色観経十六観相図」を蔵している。
奈良時代に光明皇后によって建立された日本最初の悲田院が、興福寺や南城戸町を経てここに残る。
奈良奉行大久保長安の供養塔があり、奈良奉行中坊家代々の墓所もある。

十念寺
鎌倉時代中頃、忍性が添上郡八条村(現大安寺の八条町)に創建した寺で、天正期に現在の南風呂町に移建される。現在の本堂は享保期の再建。
「白粉(おしろい)地蔵さん」が安置され、この地蔵尊に祈願し叶えて頂くと、お礼にお化粧してあげるという行事が8月にあり女性の人気を集めている。そのため頬や唇に紅、白粉が塗られている。その堂の裏に忍性の供養塔がある。

忍性・・・11歳で信貴山で学び17歳で東大寺で受戒、西大寺中興の叡尊に師事し、ハンセン病患者救済施設の北山十八間戸を開設。般若寺等多くの寺院の建立や多くの井戸や橋建設に尽力。後半生は北条氏の招きで鎌倉へ行き慈善活動に励み、1303年に87歳で死去。遺骨は鎌倉の極楽寺、生駒の竹林寺・大和郡山の額安寺に分骨される。

正覚寺 
平安時代、鹿ケ谷の陰謀に参画した俊寛僧都が、鬼界ヶ島へ流された後、島を抜け出し、ここに隠れてたと云う伝説が残る。

鎮宅霊符神社
「元要記」に永久5年(1117)に社殿建立とある。
祭神は天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。霊符信仰では北極星の神霊が祀られる。
明治の中頃までは、陰陽師の末裔により「南都暦(奈良暦)」が作られていた。
鎮宅霊符はあらゆる災いを避けると珍重され、今でも近隣の氏神である御霊神社で授与されている。

西光院
最初は元興寺の子院であったが、現在は華厳宗の寺院として残る。
弘法大師(空海)裸像(特別開扉は毎年4月20日~4月30日の10日間。木造で秘仏。)

元興寺小塔院跡
現在元興寺極楽坊収蔵庫内に現存する国宝「五重小塔」が立っていた場所。
その当時は西小塔院であったが、宝徳3年(1451)の土一揆による大火で殆どの堂宇が焼失
現在は江戸時代に建てられた「虚空蔵堂」(仮堂)と、護命(ごみょう・奈良時代の法相宗の僧)の供養塔が在るのみ。

安養寺
中将姫が開祖で昔は「横佩堂」と称していたが、後に阿弥陀三尊を安置されてから「安養寺」と改められる。別名「大和善光寺」と呼ばれ、毎年11月23日(祝)「勤労感謝の日」に善光寺さんでは、多くの参拝者で賑わう。

誕生寺
藤原豊成の邸宅跡で、中将姫誕生の地と伝わる。
中将姫の産湯に使ったとされる井戸や二十五菩薩石仏が並ぶ。
中将姫・豊成・紫の前(生母)の御殿が並んでいた事から、三棟殿とも称される。
毎月4月13・14日に浄土曼荼羅と中将姫像が開帳される。

称念寺
1168年、重源が宋より帰国後開山。元は「元興寺築地院」であり、鎌倉時代「称念寺」に改められる。
江戸時代初期、このあたりに辻堂が在り、傍らに1本の大樹が繁っていたので「木辻町」と呼び、1629年(寛永6年)遊郭が造られ、井原西鶴の「好色一代男」にも書かれた竹格子の有る色街として賑わい、遊女死亡の際には引導寺となる。
1693年に松尾芭蕉が詠んだ「菊の香や奈良には古き仏たち」の句碑は、県下最古の芭蕉の句碑。

高林寺
宝亀年中(770-781)に藤原魚名の娘が姫に仕えて尼となり、豊成の廟堂を守った縁によって居室が尼寺になったということである。天文3年(1534)現在地に再建されたが衰微、文化年間(1804-18)に寿保尼という女僧によって現在の姿に再建された。本堂には豊成郷と中将姫の木像がまつられている。豊成の墓と伝える古墳がある。



http://takaoka.zening.info/sitemap_nara.htm
http://blogs.yahoo.co.jp/taimamonogatari
http://urano.org/kankou/naramati/mati4.html
http://www8.plala.or.jp/m-kawa/aruku400.html
http://homepage3.nifty.com/kimura1/Naran88temp/index.htm

古寺巡礼奈良 當麻寺 淡交社
奈良町風土記 山田 熊夫 豊住書店
奈良の昔話 増尾正子著 まほろば出版局
中将姫物語 川中光教編 當麻寺
女性と仏教 奈良国立博物館
聖なる女 斎宮女神中将姫 田中貴子著. 人文書院
中将姫佛教説話 大屋徳城著. 法文館
中将姫説話の調査研究報告書 元興寺文化財研究所
ならまち通信 ならまち振興財団
當麻曼荼羅縁起
中将姫物語 阿波谷俊宏 徳融寺長老著 徳融寺
中将姫を想像する 徳岡孝夫 徳融寺
続大和路をめぐる 山路麻芸著 春秋社
大和奈良かくれ古寺巡礼 嵯峨崎司朗著 実業之日本社
高坊高林寺 稲葉珠慶著 高林寺
奈良まほろばソムリエ公式テキスト 山と渓谷社

奈良の民話「中将姫物語」~光の中へ
http://taketokiri.sakura.ne.jp/move/tyuujouhime.htm
スポンサーサイト

テーマ : 奈良の歴史
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ホーム

奈良入門ガイド

Author:奈良入門ガイド
歴史のもっとその奥へ!!

「歴史や寺社に興味のない人も、楽しくためなるご案内!」をコンセプトに、奈良入門ガイドや入門講座をやっています。
歴史文化を、どう日本人の糧と薬に出来るか日々模索中。歴史の心を全国に広め、世界の秩序向上に貢献出来れば幸いです。
「人々の安全保障」(全生物の、生活と生存を守ること)に貢献する事を、当面の目標としています。
奈良大学卒、奈良検定最上級、京都検定初級。

歴史精神文化というツールを用い、世の安寧を目指してゆければという願いを込め、京都の「平安」と奈良の「寧楽」を合わせて「安寧会(あんねいかい)」と名付けています。

今までのウォーク・入門講座
コンセプトや僕について 
ご意見ご要望、お問合わせ 

カテゴリ
最新記事
奈良ツイート
中西進先生
ツイート
検索フォーム
BlogRanking
寧楽会 ~ねいがかい~

Facebookページも宣伝

FC2 Blog Ranking

ジオターゲティング

ユニセフ緊急募金
児童労働のない未来へ 
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
179位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示